7月26日年に一度【荒川・綾瀬川・江戸川・中川】のうち一つの川を選び
上流(川の起点)から下流に向かって水質調査を行って今ます。
本年は綾瀬川を調査して参りました。
綾瀬川のルート

【綾瀬川の起点ってどこ??】

綾瀬川の起点はどこか?ご存知でしょうか?
綾瀬川は埼玉県桶川市にある「元荒川処理センター」付近にあります。
_DSC6885
センターの入り口付近に碑がありその場所こそが綾瀬川の起点になります。
写真は起点の碑と起点周辺の川の様子です。
_DSC6874

ココから綾瀬川が始まります。
_DSC6880

 

水質調査①
綾瀬川起点
_DSC6890

水質調査②
関橋
_DSC6897

周辺はのどかな風景です。
_DSC6894

水質調査③
沼橋
_DSC6903
田んぼの中を綾瀬川が走っています。
_DSC6907
検査の様子
_DSC6909

水質検査④
畷橋(なわてばし)新しく奇麗な橋でした。
_DSC6911

濁りの少ない水が採水できました。
_DSC6916

水質検査の結果です。
_DSC6923

水質検査⑤
槐戸橋
_DSC6930

橋から見える景色、先には外環自動車道が見えます。
_DSC6932

水質調査⑥
八条大橋
_DSC6936

周辺には住宅や工場が増えてきました。
_DSC6937

水質調査⑦
内匠橋
_DSC6941

橋から上流を撮影しました。
_DSC6944

この場所で採水した水が最も透視度がよくなんと72cmもありました。
今回の検査8カ所の平均値が38.5cmでしたが、ここはその2倍近くも透き通った水でした。_DSC6945

水質調査⑧
堀切橋

_DSC6961

内匠橋よりも少し濁ったように見えました。
透視度を計測した結果25cmと半分以下の数値でした。
_DSC6956

今回調査結果
_DSC6962

起点から下流に向かって水質検査を行った結果
水質は上流に行く程若干酸性が強いようです。
DO値があまり良くなく、魚が生息できる基準値5よりも低い地点もありました。
COD値も若干高いなっていました。

驚いた結果として、内匠橋の透視度です。
川の様子をみると上げ潮で海からの水が多く上ってきており、奇麗なのか?
と最初は思いましたが、内匠橋の下流の堀切橋では透視度が25cmと
半分以下の数値にまで落ち込みました。
ですので内匠橋と堀切橋でなんらか水を汚す原因があると言う事がすうちから見て取れます。

報告:葛飾の川をきれいにする会 遠藤克起